レビー・ピックコンプレックス

ナミコさんへの回答
86歳のお父さまにアルツハイマー型認知症の病名がつけられているとの事ですが、果たしてこの病名が正しいかに疑問が残ります。3年以上前からアリセプトが処方されているとの事ですが、病状の初期は確かにアルツハイマー型認知症の症状であったかもしれませんが、その後の病状進展に伴いピック化(ピック病の合併)したり、レビー化(レビー小体の合併) したりと様々な病状の変化が起こり得るからです。結論から申しあげますと、お父さまの現在のの病状はアルツハイマー型認知症ではなく、レビー・ピックコンプレックスLPC。(レビー小体型認知症とピック病の合併) ではないかと思われます。その根拠はと申しあげますと徘徊、過食さらに怒りやすさ等はピック病の特徴ですし、不眠( REM睡眠障害の疑い ) 、睡眠薬の効き過ぎ ( 薬剤過敏症状 ) 等はレビー小体型認知症の特徴なのです。次に夜間頻尿は前立腺肥大もしくは過活動膀胱が影響しているかもしれません。もっともREM睡眠障害でも夜間頻尿は見られるのですが。対策としてはアリセプトの中止、泌尿器科の受診。認知症専門医の受診。LPCですとアリセプトの5mgは多すぎます。REM睡眠障害だと通常の睡眠薬ではなく、ロゼレム( メラトニン作動薬 ) やリボトリール( REM睡眠障害の治療薬 ) の服用が推奨されます。
関連記事

コメント