レビー・ピックコンプレックス

ノリコさんへの回答
81歳のお母さまの嫉妬妄想で、お父さま共々に悩まれているとのご質問ですが、妄想自体はピック病(前頭側頭型認知症FTD)でもレビー小体型認知症DLBでも見られます。しかしお母さまの場合は攻撃性が強い事から判断しますとピック病の疑いが濃厚です。ではもう一方の失神発作はどう考えるかです。幾つかの病院で診察を受けて何の異常も無いと言われたとの事ですが、この事実から考えてみますとレビー小体型認知症に伴う自律神経失調症(失神発作を含む) の疑いが強くなります。つまりはレビー・ピックコンプレックス( レビー小体型認知症とピック病の合併)が考えられるのです。この場合は生活療法よりは薬物療法がやや優先されます。散歩などの生活療法を優先すると失神発作に見舞われるからです。少量のアリセプト(2~3mg)と少量の精神安定剤(ウィンタミン8~12mg) 等の併用療法で妄想と失神発作を改善させる事が出来るかもしれません。その上で散歩などの生活療法を組み入れて行ければ良いと思います。どちらにしても認知症専門医の診断が必要です。認知症専門医はネットで調べてください。


初めてご相談させていただきます。
実母は81才、嫉妬妄想がひどく父83才に女がいるとの妄想。父は元気で朝、散歩に行ったり図書館に行ったりと外出が多く、それを母は「お父さんが浮気している」と言います。私が「そんな馬鹿なことあるわけがない」と言うと、「お前に何が分かる」と怒鳴り出します。最近ではその妄想も日々ひどくなって父も私も参っています。もう一つの心配は時々短い時間ですが失神発作の様に急にフラフラと倒れてしまう事です。幾つかの病院にも行きましたが、内臓はどこも悪くないとのこと。
母は数年前から神経内科にも通院しています。これらのことを知っているはずですが、医者は何のアドバイスもなく薬をくれるだけです。この先どうしたら良いのでしょうか。

関連記事

コメント