アルツハイマーのピック化

ナオミさんへの回答
お返事が遅れて申し訳ありません。妄想・暴言タイプの認知症にはアリセプトは禁止です。即刻アリセプトの服用は中止して下さい。それだけでも妄想・暴言はかなり軽減するはずです。5~6年前の検査で側頭葉の血流循環が悪いと言う理由で(恐らくはアルツハイマー型認知症との診断で)、アリセプトの服用が始まったとありますが、現在の病状は明らかにピック化( ピック病の合併) が始まっているのです。ピック病でアリセプトの服用を継続していますと病状は悪化する一方です。ともかくアリセプトを中止して下さい。何の副作用も出ませんから。中止後3~5日程度で妄想・暴言はかなり少なくなるはずです。認知症の病状は色々と変化をして行きますので、その変化により当然の如く処方も変わって行くのです。現状では先ずアリセプトを中止して早い時期に認知症専門医の診察を受けて下さい。


87歳の母の認知症(5・6年前、側頭葉の血流が悪いという検査結果でした。今アリセプト5mgを飲んでいます。)
お店の仕事もあって、去年からデーサービスを利用しています。最初は楽しみに行っていたのですが、何度かショートステイを利用してからは、「老人ホームになんか、入いらないからね。」と最近はデーサービスに行かせることさえ困難になってしまいました。夜中から明け方の徘徊は今年は落ち着いたのですが、包丁、はさみ、携帯は何度も隠されています。最近は妄想に、暴言がどんどん進んでしまい、嫌がる母をロングステイさせました。が、やはり施設でも母が困った存在になり、7月10日の母の誕生日に連れて帰ってきました。慣れない施設での生活が母の精神混乱に拍車をかけってしまったのでしょうか。2.3日中に専門医に連れて行く予定です。離島に住んでいるので、飛行機なら早いのですが、船だと2時間以上かかります。何かアドバイスいただければ幸いです。宜しくお願い致します。

関連記事

コメント