アルツハイマーのピック化

ミドリさんへの回答
アルツハイマー型認知症と診断された義父(お父さま)はピック化が相当に進行していると思われます。被害妄想、暴言とうの症状が顕著にピック化である事を示しています。かかりつけのお医者さんではピック化の治療は難しいと思います。精神科もしくは認知症専門医の診断を至急に受ける必要があります。また海外出張で忙しいご主人とも十分な話し合いが必要ではないでしょうか。家庭という基盤があってこその仕事なのですから、そこを仕事こそ何より優先すべきとの考えでミドリさんの辛い日々を理解してくれないご主人であるとしたら、その時こそ離婚と言う武器をちらつかせてみるべきかもしれませんね。ともかく自分一人で問題を抱えこむ必要は全くありません。



アルツハイマー型認知症と診断された79歳の義父の事ですが、1年以上前から嫁の私に暴言がひどくなって来ました。「飯もろくに食わせない。通帳から勝手に金を引き出している。お前なんか何処かに行ってしまへ」などと、毎日の様に聞くに耐えない事を言われています。主人は海外出張が多く家には殆どいません。大学受験で一浪中の一人息子に相談する事も出来ず一人思い悩んでいます。かかりつけの先生に相談し、お薬も頂いているのですが、全く効果はありません。時に離婚も考えますが、受験生の息子がいる状態ではそれも出来そうにはありません。どうしたら良いのでしょうか。

関連記事

コメント