レビー小体型認知症

M.M.さんへの回答
多少の物忘れがある81歳のお母さまと同居なされ、それなりに平穏な毎日を過ごしていた所、お母さまの妄想出現、食欲低下等の体調不調が現れお困りの様子が良く分かります。アルツハイマーと診断された病院で食欲低下の原因検査を受けたものの何の異常もなく、老衰かもしれないと担当医師から言われたとの事ですが、根本的に老衰と言われる病名はどんな病気なのでしょうか。一様の検査をして異常がなく81歳だから老衰と言う病名になったのでしょうか。M.M.さんが納得できないと言う気持ちは良く分かります。かってある大学病院で老衰と診断を受けた高齢者の追跡調査を何年にもわたってした事があります。その結果は半数以上に胃癌、膵臓癌、子宮癌、胆嚢癌、大腸癌等が見つかったとの報告がなされています。つまり老衰と言う病名が如何に安易に使われているかの証明がなされたのです、この報告書により。もう高齢なんだから今更検査をして何かが分かっとしても手術や意味のある治療が出来る訳でもないし、それなら老衰と言う病名でご家族共々ご理解してもらえるだろうと言う、暗黙の了解が潜在していたと私は考えています。ですからM.M.さんの様に何か納得できないと言う方は当然の如く出て来ます。ではお母さまの病状はどの様に説明なされるのか。1年程前から幻覚が出現し元気がなくなり食欲も落ちて来たと、ご説明なされていますが、元気のなさと食欲の低下は「うつ症状」の現れではないか、それに「幻覚の出現」を考え合わせるならばレビー小体型認知症を疑って見るべきではないかと思うのですが。ネットなどで調べ認知症専門医の診断も仰ぐべきだと思います。



81歳の母ですが、7年前に父が亡くなり私も4年前に夫と死別し子供にも恵まれず、3年前よりは母娘2人の同居生活が始まっています。同居の始まりは母一人の生活に困難さを感じたからです。足腰も強くはなくスーパーの買い物なども辛そうになっていました。もともと10km程しか家も離れていなかっので同居に踏み切るのに何の抵抗もありませんでした。私は小さな美容院を経営しており生活もそこそこには出来ております。3年前の母娘同居時から母の物忘れは感じてはいましたが生活する上で大きな困難さもなく、私が仕事中はホームヘルパーの手助けなどもあって普通に母娘の生活はなり立っていました。しかし1年程前から「誰か夜中に人が入って来たみたいだ」とか、「お父さんが(7年前に亡くなっているのに)温泉に行こうと言っている」などの幻覚が出はじめました。そのうち元気もなくなり食欲も落ちて来ました。年に数回しか行かない病院で胃の検査やらCT検査なども受けましたが何の異常もないと言われました。ここの病院では2年程前からアルツハイマーだと言われ介護保険の書類は書いてもらっています。お薬も出ていますが母も私も薬は余り好きではないので飲ませてはいません。病院での検査後も母の食欲は全く改善されません。体重もかなり減っているようです。もう一度検査を受けた病院の先生に相談しました。老衰ではないかと言われました。しかし私には何か納得が行きません。このま放置しておいて良いのでしょうか。

関連記事

コメント