睡眠障害

亮一郎さんへの回答
先ずは睡眠障害の原因がどこにあるかを考えてみる必要があると思います。仕事について考えてみれば勤務時間だけが問題ではなく、勤務時間後も仕事の事が気になって意識が休まらなければ、それは当然の如く睡眠障害につにがります。気持ちの切り替えを何処かでする様にしなければ睡眠障害は改善しません。ぬるま湯で長い時間ゆっくり入浴するとか、仕事後は少し散歩や筋トレなどを取り入れたりするのも睡眠障害の改善に繋がるはずです。睡眠薬の服用による認知症への影響を考える必要はありません。それよりは睡眠障害をどの様に改善して行くかが問題です。これから先、デパスとマイスリーを10年以上服用したからと言って認知症になるとは考えにくいです。それよりは睡眠障害を含めた生活習慣そのものを見直ししなければ、生活習慣(仕事中心の生活)に大きな変化が生じた時、子供が独り立ちして仕事そのものに意欲を失なった時など、仕事以外の趣味や生き甲斐を持っていないと認知症への道が待っているかもしれません。単純に睡眠薬の長期服用だけで認知症になる訳ではありません。


以前、睡眠障害についての丁寧な説明と回答を拝見し、相談したく思いました。
50代後半、仕事はデスクワークで、基本的には9時~5時勤務ですが、8時頃まで仕事があります。通勤時間は約1時間くらいです。タバコは止めきれませんが、1日10本以下までは減らすことが出来ました。
午前零時には就寝し、朝は、6時に起床しています。
週末は飲酒しますので、薬の服用をやめますが、途中で目が覚めてしまい、それ以降眠れなくなり、休日の方が寝不足気味になります。何度か平日に薬をやめてみたのですが、薬をやめた事が気になって朝までうとうとしている状態です。
現在マイスリー10mg(寝る前)デパス0.5mg(毎食後)服用して大分コントロールは出来ていますが、それでも寝付けないことがあります。
前置きが長くなりましたが、今回お聞きしたいのは現在の生活からは生活療法も難しく、薬に頼らざるを得ません。長期間このような薬を服用していてどうしても気になるのが、副作用です。薬には副作用はあると思うのですが、このような薬で認知症へのリスクは高くなるのでしょうか。認知症のリスクを考えたら避けるべく薬はあるのでしょうか。

関連記事

コメント