ひとり言シリーズ(5)

高血圧の話
ご存じの様に血圧には上の血圧(収縮期血圧)と下の血圧(拡張期血圧)があります。収縮期血圧とは心臓が収縮して全身の血管に血液を送り出す時の圧力です。と言う事は収縮期血圧が高いと言う意味は心臓から離れた血管(末梢血管)の動脈硬化が進んでいると言う事になります。一方拡張期血圧が高いと言う意味は心臓が十分に拡張出来ずにいる状態を示しています。心臓の周囲にコレステロールが多く蓄積していますと心臓が中途半端にしか拡張出来ずにいるのです。ですから収縮期血圧と拡張期血圧のどちらが高い方が体に悪いかと言いますと、心臓そのものに負担のかかっている拡張期血圧の高い方が良くないのです。日本高血圧学会では高血圧症の定義を収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90以上としています。20数年前までは収縮期血圧は年齢+90と言う考えが一般的でしたし、拡張期血圧も100以下なら良しとしていたのです。それが140/90以下が適正な血圧となり昨今では130/80以下が最適性だと言う話さえ出始めています。60歳以上になれば誰でも血管の動脈硬化性変化は起きているものです。ですから多少の血圧の高さは、むしろ生理的な加齢変化であって薬で無理矢理に下げるのはどうかと考えている医師もかなり多くいます。学会と言う権威に疑いを持っいる人たちだってそれなりにはいるのです。そういった意味では収縮期血圧は年齢+90と言う考え方を私は支持します。拡張期血圧は100以下で良いと思っています。
関連記事

コメント